フリッチュ・ジャパン株式会社 Fritsch Japan Co.,Ltd
フリッチュ社製品 スキャンディア社製品 ヨハンナオットー社製品 会社概要 ニュース 試料請求 お問い合せ

△ホームへ

クラシックラインP-6
ドイツ製・フリッチュ社 遊星型ボールミル クラシックラインP−6

遊星型の特長 使用される分野 P-6型の特長 雰囲気制御容器 容器とボールの関係 粉砕用例 仕様

遊星型ボールミルの装置別比較表はこちらへ

■特長




バランサー
容器1個掛けタイプ
※バランサー装備
締め付け器具
セーフロック
(容器の取付方法)
80cc×2個
80cc容器は2個装着可
(写真はP-5)
デジタル表示
最高公転回転数:650rpm
(コントロールパネルの説明)
容器類
12〜500cc装着可
※アダプター必要
装置フタ
装置本体フタ
雰囲気制御容器
雰囲気制御容器装着可
(雰囲気制御容器の種類)
 


  1. ドイツ・フリッチュ社が世界初となる容器1個のみで、遊星運動を可能にした遊星型ボールミルを開発しました。
  2. 自転・公転運動で発生する強力な遠心力(最大29G)によって、試料を短時間に素早く粉砕します。
  3. 遊星運動の強力な遠心力により、最短時間はおよそ3〜5分で試料を粉末状までに粉砕します。(試料によります)
  4. ISO9001の認定及びCE、TÜV等の安全基準をクリアーしています。
  5. メカニカルアロイング等の最新の素材開発に要求される長時間連続運転に対応できます。
  6. 容器・ボールの材質は7種類。試料に応じた材質を選択できます。
  7. 容器の大きさは500,250,80mLに加え、アダプター(別売)を使用することで、45mL,12mL容器も搭載できます。
  8. 溶媒を使用した湿式処理も可能で、それを利用した容器・ボール清掃もできます。
  9. スピード表示はデジタル方式を採用しており、反転運動や休止機能を搭載しております。
  10. 容器の取付方法(固定方法)には、セーフロックシステムを採用しており、工具無しで素早く簡単に固定できます。
  11. 粉砕・混合中の圧力や温度変化を計測可能なGTMシステムとの併用が可能です。


- P-6本体の正面写真 -
- フタを閉めた状態 - - フタを開いた状態 -
P-6_5 P-6_6
運転中はフタはロックされます。
また電源OFFの状態もロックされます
待機中はフタは開錠されます。


- 遊星型ボールミルの運動イメージ図 -
原理2 原理
容器内のボール運動イメージ図 (上面図) 公転と自転の運動方向図 (上面図)


▲上へ



■使用される分野


星型ボールミルは、ゴム、プラスチック以外のすべての試料を粉砕できると言われています。その中でも次の分野に特にお奨めいたします。
  1. セラミックス・岩石・金属・石炭・石灰・セメント・薬品・電子材料・超伝導材料・食品等の粉砕及び混合。
  2. 塗料・顔料・インク等の分散。
  3. メカニカルアロイング(錬金)・メカノケミカル反応効果。
 その他あらゆる分野の粉砕や混合処理に対応しています。
bowl


■ 粉砕試料の目安 ■
硬いもの 硬く脆いもの やや硬い 脆いもの

▲上へ



■P-6型の特徴

P-6_2
ランサーを採用し、世界初となる容器1個のみで遊星運動を可能にしました。 容器総量(容器+試料+ボールの重量)と、バランサー側の重量ゲージを合わせることにより、バランスの釣り合いが取れます。

【例】
 point容器+ボール+試料= バランサー側の重量ゲージ
  2.5kg+0.2kg+0.3kg= 3.0kg

バランサー側の重量ゲージを【3.0kg】へ合わせると、
バランスが取れて運転できます。






▼ 非常停止ストッパー (※メーカーオプション)

非常停止



全第一を旨とするドイツ・フリッチュ社は、従来の遊星型ボールミルP-4で採用されている “非常停止ストッパー”を遊星型ボールミルシリーズP-5、P-6、P-7にも搭載しました。
緊急時に赤色ボタンを押しますと、本機は瞬時に停止します。
また解除する場合は、赤色ボタンを引き上げると復帰します。

緊急停止ストッパー

非常停止ストッパー付





◆ 容器の取付け方法

  1. 容器の取付方法(固定方法)は、セーフロックシステムを採用しております。工具無しで素早く簡単に固定できます。
  2. また、取付時にトルク管理できるトルクレンチが付属しており、常に一定トルクで容器を締め付ける事も可能です。
セーフロック
トルクレンチ
付属のトルクレンチ
トルクレンチセット時
トルクレンチの使用例




◆ コントロールパネルの説明

  1. 遊星型ボールミルP-6は回転数、タイマー、回転数をデジタル表示しております。
セーフロック
表示名 説明
公転回転数表示 Rotaional Spped 台板(公転)の回転数を表示。10rpm刻みで可変出来ます。
運転中も速度調整が可能です。
時間表示 Timer Milling、Pauseの時間を表示。時間、分の単位で表示、最大99時間59分表示
運転設定ボタン Milling 粉砕運転機能ボタン
Pause 一時停止の休憩機能ボタン
Reverse 反転機能ボタン。台板(公転)と架台(自転)が逆方向へ回転します。
※遇数回数時のみ作動
繰返回数 Repetitions 繰り返しの回転を設定します。PauseとReverseを行なう時には、ここに数字が入っていないと機能しません。最大99回まで繰り返し作業が可能です。
電源ランプ Power Supply 本体背面のメインスイッチを入れると点灯します。
節電ランプ Stand By 電源を入れて扉を開放したままで、ある時間が経過すると自動的にパネル表示が消えて、節電状態になります。
減速時ランプ Reduce Speed モーターに必要以上に負荷がかかると、自動的に減速します。
開始ボタン START このボタンを押して、運転が始まります。
停止ボタン STOP 途中で作業を中止する時にこのボタンを押します。カチッ(安全装置音)と音がして本体が停止します。

▲上へ

■雰囲気制御容器

雰囲気制御容器


  1. 酸化しやすい金属や爆発の危険を伴う試料を粉砕する場合、粉砕容器内の雰囲気をコントロールすることが出来ます。
    蓋についた2個のバルブから、容器内部にアルゴンガス等を注入できます。
    既に従来の粉砕容器をご使用の場合は、一部加工を加える事により雰囲気制御容器に変更する事が可能です。詳しくは御問い合わせ下さい。
  2. ガス置換 及び 真空引き方法の接続図はこちらです→PDFファイル:約500KB
方式 オーバーポット方式 特殊仕様 ロックシステム
写真 オーバーポット 特殊仕様 ロックシステム
容器の加工 無し 必要 選択可能
ガス置換時間 長い 短い (バルブ有の場合のみ)短い
真空引き
その他 ・通常容器としても使用可能 ・一部加工できない容器がある
・バルブの定期的な清掃&交換
 が必要
・バルブの定期的な清掃&交換
 が必要(バルブ有の場合)
ガスの流れ オーバーポット方式 オーバーポット方式
オーバーポット方式
バルブ有

オーバーポット方式
バルブ無
バルブ スウェージロック社製バルブ
弊社では、スウェージロック社製のクイック・コネクツ(QMシリーズ)を使用しております。
IN側バルブ  型番:SS-QM2-D-2PM (スウェージロック社サイトへ移動します)
OUT側バルブ 型番:SS-QM2-B-2PM (スウェージロック社サイトへ移動します)
■ スウェージロック社のサイトはこちら
Image used with permission by Swagelok Company. © Swagelok Company 2015.

※真空引き及びガス置換については、ご使用環境(ガス置換レベル等)よりご対応できる方式が異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。


■ 雰囲気制御容器表
容器サイズ 12cc 45cc 80cc 250cc 500cc


メノー オーバーポット オーバーポット オーバーポット オーバーポット  
 
シンタード
アルミナT
オーバーポット オーバーポット
特殊仕様(V型)
オーバーポット
特殊仕様
ロックシステム
オーバーポット
特殊仕様
ロックシステム
特殊仕様
ロックシステム
タングステン
カーバイト
オーバーポット オーバーポット
特殊仕様(V型)
特殊仕様
ロックシステム
特殊仕様  
クローム鋼 オーバーポット オーバーポット
特殊仕様(V型)
特殊仕様
ロックシステム
特殊仕様 特殊仕様
ステンレス オーバーポット オーバーポット
特殊仕様(V型)
特殊仕様
ロックシステム
特殊仕様 特殊仕様
ジルコニア オーバーポット オーバーポット
特殊仕様(V型)
オーバーポット
特殊仕様
ロックシステム
オーバーポット
特殊仕様
ロックシステム
特殊仕様
ロックシステム
窒化ケイ素 オーバーポット オーバーポット オーバーポット オーバーポット  
 
プラスチック
ポリアミド
オーバーポット オーバーポット オーバーポット オーバーポット  


  ■オーバーポット方式

  1. 粉砕容器をさらに大きな容器(ステンレス製&アルミ製)で覆ったタイプ
オーバーポット80cc オーバーポット80cc2 オーバーポット80cc3
オーバーポット250cc オーバーポット250cc2 オーバーポット250cc3


  ■特殊仕様

  1. 粉砕容器に加工を施し、バルブを取り付けたタイプ
V型 雰囲気制御容器 特殊仕様 雰囲気制御容器 特殊仕様 雰囲気制御容器


  ■ロックシステム(P−5/P−6用)

  1. 取り扱いがしやすい、挟み込みタイプ。
雰囲気制御容器 雰囲気制御容器 雰囲気制御容器


▲上へ


■容器・ボール

容器
  

▼各容器のサイズについて



容器・ボール
※容器サイズは大体の数値となります。

  

▼各種アダプターについて

アダプター類


- 容器サイズによる搭載個数と、アダプターについて -
容器サイズ 通常使用時 アダプター使用時 新型マルチアダプター使用時
500mL 1個 使用不可 使用不可
250mL 1個 使用不可 使用不可
80mL 2個 1個 使用不可
45mL 搭載不可 1個 2個
12mL 搭載不可 1個 2個
■80mL容器を1個で使用する場合は必ずアダプターが必要です。
■45mL、12mL容器は、アダプター無しで使用する事はできません。
■新型マルチアダプターは、試料によって処理結果が異なる場合が御座います。(アダプター使用時と比べて)



  ▼材質について

高硬度SUS


 ■ 材質の特性
材質 主成分 モース硬度 比重 耐摩耗度 悪影響があるもの
メノウ SiO2 6.5-7 2.65
(硬質磁器の200倍)
フッ酸(HF)
シンタード
アルミナT
Al2O3 9 3.8
窒化ケイ素 Si3N4 9 3.25
(WCと同等程度)
ジルコニア ZrO2 8.5 5.7
(アルミナの約10倍)
硫酸(H2SO4)
フッ酸(HF)
NEW
高硬度ステンレス
Fe - Cr 7程度 7.7
(クロームに近い)
ステンレス
(生産終了)
Fe - Cr - Ni 5程度 7.8
クローム鋼
(生産終了)
Fe - Cr 7程度 7.9
(ステンレスより強い)
タングステン
カーバイト
TC 8.5 14.95
(メノウの200倍)
窒素を含む酸(HNO3)
塩酸(HCl)
プラスチック
ポリアミド
樹脂   1.13-1.15   酸、アルカリ、
有機溶媒等
★材質の詳しい成分表(PDF:約400KB)は、こちらへ


材質

▲上へ


▼各容器に対するボールの装入量(標準)

ボール


■ ボール装入量 φ5mm以上の場合  【 個数表記 】
容器の大きさ 12ml 45ml 80ml 250ml 500ml
試料の有効容量 0.5-5ml 3-20ml 1-30ml 30-125ml 80-225ml
ボール径 【 φ 】 【 個数 】
40 mm         4 個
30 mm       6 個 8 個
20 mm     5 個 15 個 25 個
15 mm   7 個 10 個 45 個 70 個
10 mm 6 個 18 個 25 個 50 個 100 個
5 mm 50 個 180 個 250 個 1200 個 2000 個



■ ボール装入量 φ3mm以下の場合  【 材質別表記 】
容器の大きさ 12ml 45ml 80ml 250ml 500ml
試料の有効容量 0.5-5ml 3-20ml 1-30ml 30-125ml 80-225ml
ボールの材質別 【 重量 】
ジルコニア製 20 g 70 g 100 g 400 g 800 g
ステンレス製 30 g 90 g 150 g 500 g 1100 g
タングステンカーバイト製 50 g 200 g 300 g 1000 g 2100 g

■ φ3mm以下のボールは、あらかじめボール重量を量っておく必要があります。
■ 上記の表は、あくまで過去の実績、経験に基づき算出されたもので御座います。
■ 試料によって最適の条件をお選び頂ければより効果的な粉砕、混合が期待できるものと考えられます。
■ ボール量は15%まで減らすことができます。また、ボール量を増やすと磨耗が増加します。
■ 容器あたりの指定されたボール個数(質量)は最小量です。材質の特性に応じて、それ以上に必要な場合があります。
■ 通常の場合は、粉砕容器と同材質のボールを使用しますが、
  時間の短縮を図る為に、より大きいボール或いは、比重の重いボールを使用することができますが、
  しかしこの場合は、それぞれの材質のコンタミネーションが発生します。
  例) ステンレス製容器にタングステンボールを入れる
  例) 窒化ケイ素製容器にジルコニアボールを入れる
容器・ボール

▲上へ

■粉砕用例

用例


試料名 粉砕前 粉砕後
酸化物 酸化物01
粉砕前
酸化物02
粉砕6分後
スラグ スラグ01
粉砕前
スラグ02
粉砕15分後
顔料(青色) 顔料01
粉砕前
顔料02
粉砕60分後
木粉(スギ系) 木粉01
粉砕前
木粉02
粉砕60分後
フィルム フィルム01
粉砕前
フィルム02
粉砕3時間後
イチゴ
(アルコール漬)
イチゴ01
粉砕前
イチゴ02
粉砕5分後

  1. その他多くの粉砕例を持っております。詳細は下記にお問い合わせ下さい。
    お問合せ先info@fritsch.co.jp又は、TEL 045-641-8550 FAX 045-641-8364 迄お願いします。
  2. 弊社では700種類以上の粉砕を網羅した粉砕用例集を発刊いたしております。併せてご所望ください。
▲上へ

■仕様

sample
仕様 装置別の比較表はこちらへ
粉砕可能な
試料の大きさ
10o角まで
最終粒度【乾式】1ミクロン【湿式】サブミクロン
試料・状況によっては上記以上の粉砕を求める事も可能です
ディスク回転数
(MIN/MAX)
100 - 650 rpm 【公転側】
ポット回転数
(MIN/MAX)
180 - 1,183 rpm 【自転側】
公転自転比率
(公転:自転)
i relative = 1 : -1.82
電源100-120V/200-240V/1〜 50/60Hz 1,100W
重量63kg
寸法W37×D53×H50cm

※最終粒度は試料及び投入する試料の大きさにより異なります。
また、商品改良やロット変更に伴い、やむを得ず商品の一部の形状又は一部の色を予告無く、変更する場合がございます。ご了承下さい。

▲上へ

フリッチュ・ジャパン株式会社
■本社 〒231-0023 横浜市中区山下町252・TEL:045-641-8550・FAX:045-641-8364
■大阪営業所 〒532-0011 大阪市淀川区西中島7-12-5・TEL:06-6390-0520・FAX:06-6390-0521